私の学生時代の貧乏生活を書かせてもらいます。

高校を卒業し大学に進学しました。最初の一年目までは実家から学校に通っていたのですが、二年生になると同時に独り暮らしを始めました。

友人はすでに独立しているものばかりだったので、自分も急かされて実家を出ることに決めたのです。

大学4年生といえば、生ぬるかった大学生生活が一変する年です。それは就職活動。

肉体的精神的にも疲弊するのですが、私が一番疲弊したのは金銭面でした。

私は国立大学に通っていたのですが、不況の影響で家計がキツそうな親に頼るのは心苦しく、親に金銭的に一切頼らないという約束で大学に進学しました。