わたしは芸術大学にはいってから一人暮らしをはじめたのだが、何分学費と画材代でお金が飛ぶ!

さらにわたしは敏感肌で皮膚科にかよわなければ、とてもではないが生活できない。

スーパーで買う食材は二桁の値段のものをできるだけ選び、外食はせず、光熱費もできるだけ節約節約。

学費は半分両親が払ってくれていたが、高いことにかわりはなかった...

バイトもしていたが、最初のバイトはお店の雰囲気が悪すぎたことと敏感肌が災いして働けなくなったためにやむなく退職。

なかなか次のバイトがみつからず、親からの仕送りだけでやりくりしていた期間は本当にお金がなかった。

そんな中、わたしは大学へ家から徒歩で通っていたため、一足しかもっていなかったスニーカーが大破。

底がすべて剥がれて足袋のようになった。

しばらくボンドでくっつけていたが限界がおとずれ、泣く泣く新しいスニーカーを買うことに。

お店にいくと、靴が高いこと高いこと。

実家にいた時には両親から買ってもらっていたために意識していなかったけど、靴って履きやすくてそれなりに長持ちするものは値段が高いんだなあと実感...買いましたけど。

その月のお財布はすっからかん!

はじめての一人暮らしでお金のありがたみと、お金がなければなにもできないんだなあと深く実感いたしました...