大学生になり、学費以外を自分で賄うことになりました。勉学の傍らバイトに励む日々が続いています。そこで、初めてお金がない、という状況に陥りました。

ある日、お財布の中を見るとそこには千円札が1枚。給料が入るまでに一週間以上ありました。勿論そこで両親に泣きつくことはできたわけですが、それはしませんでした。わざわざ私立に入れてもらったため、これ以上迷惑はかけられなかったのです。

そこからは毎日が節約でした。

ちょっと遠出した際も、一駅なら歩いてしまう。とりあえず毎日お弁当で、水筒を持ち歩く。たしかに、世間一般からしたら大学生の金欠など大したことはないのかもしれません。しかし、今まで不自由したことのなかった私にとっては大事件だったのです。

そんな生活の中で一番つらかったのが、電車移動です。定期区間外に出かけなくてはいけなかった際に、ふと電子マネーの残高を見ると「1円」と表示されていました。あと少しで、お金がないまま改札の中に閉じ込められていたのです。

それからは毎月考えて生活するようになりました。いつの日か、本当の金欠に陥らないために。