私の学生時代の貧乏生活を書かせてもらいます。

高校を卒業し大学に進学しました。最初の一年目までは実家から学校に通っていたのですが、二年生になると同時に独り暮らしを始めました。

友人はすでに独立しているものばかりだったので、自分も急かされて実家を出ることに決めたのです。

本音を言うと独り暮らしなんて楽勝だと思いました。

アルバイトをしてなんとかやっていけると思っていたのです。実際順調に独立生活を謳歌していたのですが母親に借金があることが発覚しました。

借金といっても母親が直接借りていたということではなく友人の保証人になって、その友人が行方をくらましたのです。

金額は90万円です。90万という金額の借金をたいしたことがないと思う人が多いと思いますが、母子家庭の我が家には大変な金額なのです。

私も当然母親の借金返済に協力するのですが、私自身も家賃や光熱費、学費も払わなければならないしオートバイのローンもあります。

コンビニのアルバイトだけでは生活できませんでした。

貧乏になると交遊関係にも支障が出てきます。まず遊べません。友人に母親に借金があるなんて恥ずかしくて言えませんでした。

当時の友人には申し訳なかったです。食べ物もモヤシ炒めを連日食していました。モヤシも意外と腐りやすいので買いだめできません。

スーパーにモヤシばかり買いに行く学生をレジのおばさんはどう思っていたのでしょう。

モヤシのおかげでなんとかギリギリ学生生活を乗りきることができました。